5.4 C
Paris
2024年2月25日 日曜日
ホーム旅行記Austriaシュテファン大聖堂を24時...

シュテファン大聖堂を24時間眺められる特等席ホテル

ホテル アム ステファンスプラッツの宿泊レポート

ブックマーク記事
- Advertisement -

行ってみたいと夢見ていたウィーンにようやく来ることができました。
とはいえ、夢見ていただけなので知らないことだらけ。
そんな土地勘のない場所では、滞在するホテルの立地やサービスが非常に重要だったりします。

今回はこちらで3泊しました。
立地もさることながら、スタッフ、お部屋、設備、食事、全てが素晴らしかったです。
既にトリップアドバイザーでも口コミ評価が1位なので、ウィーン滞在を検討された方なら、どこかで見かけているかもしれません。

今回のホテル選びで一貫して重視したのは立地条件は次の3つでした。
もちろん今回すべてを満たしております!

  • 交通が便利・最寄り駅まで安全な徒歩圏(5分以内)
  • 部屋からでも昼夜問わず観光(景色・音)を楽しめる
  • 目的地(モニュメント、劇場、スーパー等)まで安全な徒歩圏

ホテル アム ステファンスプラッツのテラスルーム

お部屋を検討した際、費用対効果の高さから、こちらの『Terrace』に決めました。
ルーフトップテラスの効果は絶大です!

スイートルームはほとんどが中庭に面しており、『Top Suite Tobias』以外は大聖堂テラスが付いておらず、窓から大聖堂が見れる部屋は『Suite Cathedral』のみ(しかも料金がお高い!)
次におすすめなのは『Cathedral』。窓から大聖堂が見えて『Terrace』よりリーズナブル。

テラスルームは3部屋しかないので、連泊する際は旅行が決まったらすぐの予約がおすすめです。
4か月以上前に予約したのですが、残り一部屋でした。

というわけで、お部屋から

ベッドはシングルベッドを2つにしてもらいました(隣の寝返りが響かないように)
予約時にリクエストでき、ダブルベッドも選択可能です。

次はバスルームとアメニティ、独立しているトイレ

お部屋のルーフトップテラス

テラスでルームサービス

翌朝、シュテファン大聖堂を眺めながら素敵な朝食を楽しむつもりでしたが、どこからともなく蜂がテーブル目掛けてやってきました。
ミツバチだと思うのですが、1匹、2匹、3匹とハムに群がって来たので、そそくさと退散。
結局部屋のテーブルで食事を摂ることにしました。
こっちのミツバチは肉食なのか?それとも危険な蜂だったのか…

朝食付きなので、最初はシャンパンの付いた一番豪華そうなメニューを注文しました。
短い滞在だったら迷わずこのグルメセットが絶対におすすめです!
(グルメブレックファースト>グルテンフリー>コンチネンタルの順番で量が多い)
ちなみに、ルームサービスに変更しても、どのメニューを選んでも追加料金はありませんでした(状況で変わる可能性があります)
アルコールが苦手な方はリクエストすれば、ノンアルコールシャンパンか別の飲み物に変えてくれると思います。

2日目はカフェで朝食のビュッフェサービスを利用し、2日連続食べ過ぎたので最終日はコンチネンタルにしました。

テラスで一日の夜・早朝のマジックアワー

YouTubeアップ予定。。。

朝食ビュッフェやホテル内の施設レポートについては、帰国後落ち着いてからアップしていこうと思います!

ホテル アム ステファンスプラッツ

ホテル名Boutique Hotel am Stephansplatz
予約・参考URLトリップアドバイザーで評価・詳細を見る
(時々、公式サイトのキャンペーン掲載あり)
最寄り駅ウィーン地下鉄1号線(U1)、ウィーン地下鉄3号線(U3)の地下鉄
Stephansplatz駅(シュテファンスプラッツ駅)の入口から30秒
住所Stephansplatz 9, 1010 Vienna
電話番号+43 1 53 405-0
- Advertisement -
Nagi
Nagihttps://www.voyages.jp
はじめまして!管理人のNagiと申します。 リクルート、医療系マーケティング会社などを経て現在フリーランスで活動中。 2017年から更新が止まり23年に復活。 同年秋に念願のマイルで世界一周を実現しました。 まだ旅行記は下書きのままで更新できていませんが、少しずつアップしていく予定です。 何故かヨーロッパに行くとトラブルに巻き込まれる体質なのは相変わらず。 失敗談の数々が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。 生粋の陸マイラー、時々乗り鉄。口癖は費用対効果! ふるさと納税歴は2013年から。

関連記事

コメントを書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Captcha verification failed!
Captchaユーザースコアが失敗しました。お問い合わせください!
- Advertisment -

最近の記事

tagging