フランスに行ったら一度は訪れてみたいと思うモン・サン・ミッシェル。
(私も初めて見た時は感動しました!)

日帰りだったらバスツアーがおすすめですが、自分のペースで楽しみたい人や現地で1泊したい人にはTGV+バスで行くのがおすすめです。
今回はパリからモン・サン・ミッシェルまでの小旅行のレシピをご紹介します。

PUBLICITÉ

パリからのアクセス

待ち時間など考慮して4時間半ぐらい。時間的にはバスとあまり変わりません。

Paris-MONTPARNASSE  (モンパルナス駅)からTGVでRennes(レンヌ)まで
所要時間:2時間8分~
電車料金:出発の残日数や時間、曜日により変動。raileurope-japan.com (日本語)を参照。

RennesからバスでMont Saint-Michelまで(1日4回運行)
所要時間:1時間20分
バス料金:11.10€(片道)
12歳以下は無料
26歳以下、60歳以上はパスポートなどの証明書を見せれば25%割引など各種割引あり

st_rennes.jpgレンヌ構内。

構内には書店やファーストフードなどの店があるので、バスの待ち時間が長いようなら、ここで時間を潰すのもよい。中途半端な時間なら、とっととバスターミナルに移動しましょう。

手前に見えるのはチケットの自動印字機。改札のないSNCFでは乗車前にチケットを差し込んで場所と時間を刻印します。
出発駅構内の印字機ならどこでもOK。モンパルナスにももちろんあります。

これをしないと罰金を取られるようです。前回忘れた時は特にお咎めなしででしたが、ご注意ください。e-ticket(自分で印刷できるチケット)は刻印の必要がありません。

rennes_sign.jpg

Sortie Nord(北口)を目指します。

 

rennes_bus.jpg

 

出口から右手にGARE ROUTIEREと表示された建物が見えてきます。

こちらがバスターミナルです。

 

 

 

bus_rennes2.jpg

バスターミナルの中はこんな感じ。

奥にはバスの時刻表が表示されています。

声をかけてもらえる場合もありますが、乗るバスの時間が近づいてきたら外に出て待っていましょう。

事前に予約したチケットを持っている場合は優先的に乗せてもらえる可能性があるので、チケットを手に持っていましょう。

Parisから Mont Saint-Michelまでの運行プラン(~2010年7月3日)

TGV Paris-MONTPARNASS 発 7:05AM 9:05AM 10:05AM 14:05PM
TGV Rennes 9:08AM 11:08AM 12:08PM 16:15PM
バ ス Rennes 9:30AM*1 11:30AM 12:45PM 16:40PM
バ ス La Caserne-Hôtels*2 10:46AM*1 12:46PM 13:46PM 17:56PM
バ ス Mont Saint-Michel 10:50AM*1 12:50PM 14:05PM 18:00PM

*1 月曜日~土曜日の運行のみ(祝日運行):25/12/09, 01/01/10, 05/04/10, 01/05/10, 08/05/10, 13/05/10, 24/05/10
*2 Le Relais St Michelなどのモン・サン・ミッシェルに近いホテル群の停留所。バス乗車時に声をかけないと停まってくれないので注意

Mont Saint-MichelからParisまでの運行プラン(~2010年7月3日)

バス Mont Saint-Michel 9:30AM 11:10AM 14:30PM 17:25PM
バ ス La Caserne-Hôtels* 9:34AM 11:14AM 14:34PM 17:29PM
バ ス Rennes 10:50AM 12:35PM 15:50PM 18:45PM
TGV Rennes 11:05AM 13:05PM 16:05PM 19:05PM
TGV Paris-MONTPARNASS  着 13:25PM 15:15PM 18:20PM 21:10PM

* ホテル前の停留所で人が待っていなければ、停車はしない。運転手に 手を振らなければ停まってくれない場合もあるので注意。荷物が重くなければ、モン・サン・ミッシェルまで歩き、終点から乗った方が確実に座れる。

※Rennesはブルターニュ地域の首府。町並みもキレイでプチ観光にはもってこいの場所です。
早めにMt.St-Michelを出てRennes に立ち寄るのもおススメ。

電車・バスの予約方法

フランス国内向けサービスSNCFとグローバルサービスのTGV Europe.comがあります。
基本的なサービスはどちらも一緒ですが、英語版の提供やフランス国外へのチケットの郵送などを考えるとTGV Europe.comが便利です。
web予約の説明はまた別のノートで紹介します。

発券方法(Web予約での選択肢)

e-ticket
自分で印刷するチケット。
予約後URLが記載されたメールが届きます。そのURLからダウンロードしたPDFファイルをプリントアウトしたものがチケットになります。これが一番簡単でおススメ。
自動印字機での刻印は必要ありませんが、パスポートなどの身分を証明できる書類の提示を求められることがあるため、お忘れなく。

Collection from an Automatic Ticket Machine
乗車前にフランス国内のSNCFチケットマシーン(SNCFのチケット窓口でも可能)を使って発券する必要があります。予約番号と予約時に入力したクレジットカードが必要になるので、必ずお持ちください。
シーズンによっては窓口や発券機が混雑していたりするので、時間ギリギリに駅に到着なんてことのないようにご注意ください。
この決済・受け取り方法でのメリットが今一つ私には分かりません。(誰か教えてーー)

Delivery free by post
郵送。郵送料は無料です。キャンセルなどの心配がない場合はこちらもおススメです。
キャンセル時は返金処理のためにチケットを送り返したりなどの手続きが面倒。

※乗車までの日数やチケットの種類によって発券方法の選択肢は変化します。

※オンライン予約の場合、チケットによって直前までの変更やキャンセルがオンラインでできます。
値段が安いチケットには”Ticket cannot be exchanged and is non-refundable. ”(このチケットは変更返金できません)と記載されている場合が多いので、予約する際は注意してください。変更、キャンセルの心配がない場合はもちろん安いチケットへ飛び付いちゃいましょう!

※発券後、発券前でキャンセルの方法も変わってきます。詳しくはこちら(英語版FAQ)をご覧ください。

※バカンス時期などは、2カ月以上前に予約を取った方がよいでしょう。料金などにかなりの開きが出ます。

それでは、快適な旅を!

PUBLICITÉ

Notes de voyage管理人
リクルート、医療系マーケティング会社等へ経て、現在は事業コンサルトとして活動中。 2008年に念願のパリ留学(2ヶ月の短期ですが…)を果たし、頻繁にヨーロッパへ通うも、最悪の相性からか(?)必ず災難に遭遇する。 近年は、本業が忙しいため、近場を彷徨いつつ、○年後に世界一周を目論んでいる。 趣味は旅行、リサーチ、食べ歩き。
https://www.voyages.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です